イチロー,梅毒

イチローが梅毒って噂はどこからでているの?

薬

 

 

アスリートは日々ストイックな生活をしています。

 

 

学生時代は土日が休みなんてことはありません。練習試合や公式戦に汗を流しています。

 

 

 

 

夏休みはありませんし、あっても正月の休みが数日程度ではないでしょうか。ダルビッシュがとある雑誌のインタビューで過去に、休みがなかったおかげで今がある。

 

 

 

と言っていたのでそこは将来自分がその世界でお金を稼いでいくという意思があれば気にならないのかもしれません。もしくはそれだけの覚悟がないとだめなのかもしれません。

 

 

 

そんな過酷な生活を強いられているアスリートは、性欲も溜まる傾向にあるのではと思います。特に男子だけの社会のスポーツであればなおさらではないでしょうか。

 

 

 

オリンピックの選手村ではコンドームが大量に配布され夜な夜なトップアスリートたちが交流をしているという話もあります。実際のところはどうなのかわかりませんが、火のないところに煙はたちません。

 

 


Sponsored Link

 

 

独身時代には風俗も

 

 

また既婚の選手であればないだろうと思いますが、独身時代は風俗にもよく通っていたのではないでしょうか。億を稼いでいるプレーヤーも少なくないですし、独身であれば使えるお金も限度がありません。

 

 

 

プロ野球選手においても、札幌、福岡で試合があるときは7回裏くらいから試合後はどこにいこうかなんて考えている選手もいるといいます。日本を代表する歓楽街がありますし、日々のストレスを吐き出す意味合いで通っている選手もいるかもしれません。

 

 

 

その一方、性病というのも怖いもので、一度かかってしまうと治るのに時間を要するものもあると聞きます。プロ野球選手でどこどこに違和感があり登録抹消。というのをよく見ますが実は病気の療養だったなんてことも実はあるのかもしれません。

 

 

イチローに梅毒という噂

 

 

そんななかでもイチローは性病の一種である梅毒だという話もあります。今回のテーマとして、イチローが梅毒っていう噂はどこからでているの?です。梅毒というのは性病の一種で性行為が原因で起こる感染症です。

 

 

 

数年単位と長い年月をかけて進行していくもので、症状としては性器や性器周辺に痛みやかゆみ、赤いぶつぶつなどができてきます。昔は治療の手立てがない病気として恐れられていたそうですが、現代では治る病気とされています。

 

 

 

ですが感染を放置していれば死に至ることもあります。風俗店では、月に1回程度検査をしているそうですが実際のところはすべての嬢ができているかはわかりませんし、激安店と高級店では取り組み方に違いもあるのではないかと思います。

 

 

 

普通に考えると激安店は病気に感染しやすそうなイメージはだれでも持ってしまいます。風俗嬢は毎日複数人と交流しているので感染の可能性も高くなってしまいます。

 

 


Sponsored Link

 

 

イチローが噂される理由

 

 

そういった怖さもある中で風俗に行ってしまうのは欲求に勝てない仕方ない部分だと思います。感染する病気は梅毒だけではないですが、基本的にはコンドームを使用し自分で防衛していくしか防ぎようがありません。

 

 

 

ですがたいてい素面で行くことはないのでお酒が入ったテンションでは小さいことが気にならずその場の勢いでことを進めてしまうのが男の性ではあります。イチローが梅毒だという噂自体は調べたもののどこから出てきた話なのかは分かりませんでした。

 

 

 

イチローレベルの億を稼ぐ選手ならば、風俗に通っていてその数が多ければ多いほど梅毒などの性病に感染する恐れがあることからそのような噂が出ているのではないかと思われます。

 

 

 

あくまで噂は噂なのではないでしょうか。野球選手である以上はある程度の遊びは必要だと思いますし、普段の試合のストレスなどを吐き出す場所の1つであってもいいと思います。

 

 

 

しかし、成績が振るわず夜はホームラン王や夜はトリプルスリー。夜は首位打者などの不名誉なネーミングをつけられないよう日々精進していくことが求められているのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

イチローが道徳の授業の題材になってるって本当なの?

 

イチローの本名と野球でつかう名前の所以とは?

 

イチローの髪型はなぜ丸刈りなの?

 

イチローが2016年に帰国する予定はいつなの?

 

イチローを嫌いって人の特徴とは?

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加