イチロー,卒業文集

イチローの卒業文集がヤバすぎる!その内容とは?

アルバム

 

プロ野球選手を志す人は小さなころからその片鱗はあるのでしょうか。

 

 

プロ野球選手にただなりたいと漠然と思っていた選手や絶対プロ野球選手になって1億円プレーヤーになるんだと目標意識を持っている選手など様々だと思います。

 

 

 

その中でも、イチローは幼いときから目標意識が高い子どもでした。今回のテーマは「イチローの卒業文集がヤバすぎる!その内容とは?」です。普段の言動からも賢い人なのだろうと思わせるイチロー。

 

 

 

自分に自信があることの裏返しとも言えます。そんな稀代のヒットメーカーのイチローの小学校、中学校時代などどういった選手そういった生活を送っていたかは気になる点です。

 

 

 

なかでも小学校の卒業文集がすごくてあまりにも有名です。その内容はこのようなことをつづっています。そのイチローが小学生の時に残した卒業文集のタイトルは「僕の夢」です。

 

 


Sponsored Link

 

 

イチローの卒業文集

 

 

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。

 

 

 

ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才〜7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

 

 

 

だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間〜6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。

 

 

 

そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。

 

 

 

そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ−1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ−ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3厘でした。

 

 

 

このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らずで野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

 

 

 

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

 


Sponsored Link

 

 

イチローの卒業文集の感想

 

 

小学校6年生でこれだけの子事がかけるのは実に素晴らしいです。自分とは大違いです。練習に裏付けされた自身もあるのでしょうが実に強気な印象がうかがえます。

 

 

 

プロ野球選手になるのが目標ではなくプロで活躍するのを目標としているのも伝わってきます。また非常に論理的な文章です。プロ野球選手になりたい!と言ってるだけでなく、そのためにはどうすればよいか。

 

 

 

それを実現するためにはなにをすればよいか。これを明確に目標設定できています。学校の教育がよかったのか、両親の教育がよかったのかわかりませんが、小学生でこれだけ明確に目標設定できるというのは珍しいと思います。

 

 

 

やはり一流選手は昔から他の人とは違うということでしょう。違うからこそどこかで差がついて上のレベルに挑戦していくことが出来るのです。

 

 

 

日本ハムの大谷翔平も高校時代に目標を書き込んだシートを用いてそれにかいたやるべきことを一つずつこなしていくことで160キロという高校生ではありえない球速をたたき出しました。

 

 

 

できないだろうと思われる目標を立てて実際それを実現するのはさすがの一言です。周りからはそんなこと出来っこないなど否定的な意見がついてくるでしょうがそれも目標を達成するための要素の1つではないでしょうか。小さな目標でも大きな目標でもその積み重ねが大事なのだと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

イチローは甲子園で成績はどうだったの?

 

イチローは父と不仲で確執があるの?

 

イチローに兄は博報堂に勤務しているって本当?

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加